Phantoms in the Brain

日々関心のある事を綴っていきます

デイケアでの出会い

僕は精神を病み、長い間休職と復職を繰り返していた。幸い、今は順調に回復し、会社に復職して1年が経とうとしている。前回の休職時、僕は半年の間デイケアに通っていた。

デイケアとは、福祉・医療関係施設が提供するサービスの一種で、日帰り療養とも呼ばる「通所リハビリテーション」である。利用者同士が交流するということによって社会復帰や入院予防を目標としている。

今回は、そのデイケアで出会った人の話を書こうと思う。

 

一人目を仮にFさんとしよう。Fさんは、僕がデイケアに通いだして2ヶ月後くらいにデイケアに現れた。色々な事に造詣が深く、創作活動に熱心で、デイケアの運営も支援するような活発で知的な男性だった。年が近かったこともあり、よく話たり一緒に活動していた。

一見精神疾患とは無縁のように見える彼だが、長い間デイケアから卒業する事が出来なかった。僕は先に復職したのだが、半年経った頃、風の噂でFさんが職場に戻ったと聞いた。我が事のように嬉しかった。

しかし、それから1ヶ月もしない年末、たまたまFさんと会う機会があった。会社を辞めて実家に帰る事にしたと聞かされた。1日働くことに心身共に耐えられないとのことだった。こんな有能な人でも社会との軋轢に耐えきれず、ドロップアウトしてしまうのかと思うと、なんとも言えない虚しさを感じた。

 

二人目を仮にNさんとしよう。Nさんは、180cmを超える長身で筋骨隆々、話してみると親しみやすく、僕がデイケアに馴染めるように色々気を使ってくれるお兄さんのような存在だった。 話を聞くと、中学時代野球の日本代表としてアメリカ戦で先発した経験を持ち、六大学野球でも活躍した生粋のスポーツマンだった。

彼は、仕事を転々とする中で精神を病み、仕事を辞めて生活保護を受けていた。デイケアは唯一と言っていい社会との接点だったようだ。今もたまに通っている精神科で会うと話をするが、デイケアを継続しているらしい。

 

二人共人間的に魅力があり、贔屓目なしに能力も高い。こういった人が、社会に馴染めず、社会から隔離され、社会から消えていく。損失でしかないと思う。彼らのような人は大勢いるのではないだろうか。すくい上げ、社会に居場所を作ることは出来ないものだろうか。

 

いつか僕に他人の事を考えるほどの余裕が生まれたら、何かしらの障害者支援に携わり、少しでも多くの人の助けになりたいと密かに考えている。