Phantoms in the Brain

日々関心のある事を綴っていきます

サッカー日本代表イラク戦

久々に日本代表戦をフルで見られたので感想でも。

 

何とか言って勝てるだろうと思っていたイラク戦でしたが、結果は1-1のドロー。内容は試合を相手に支配される展開で、ドローで終わって良かったなと思えるものでした。

 

スタメン発表から違和感がありました。特に中盤。ぶっつけ本番で、トップ下に原口、2ボランチに遠藤、井手口。怪我人が多かったのはわかりますが、何故この選択をしたのかわかりかねます。

原口に関しては、以前にボランチで先発させたり、色々試したいようですが、大事な本番なら本田トップ下が無難だったのではないのかな。原口なりに頑張っていましたが機能していたとは言い難かったです。

慣れない2ボランチバイタルエリアのケアが不十分で、セカンドボールをことごとくイラクに奪われる展開。これがかなり痛かった。後半から今野に変わりましたが、怪我が大丈夫だったのなら最初からスタメンで使って欲しかったです。

 

あと心配なのは、若手が小粒なこと。前線のタレントで言えば、久保、原口、浅野、南野といますが、この先、香川のようにマンチェスターUに加入するような成長をするかはだいぶ怪しいかなと。個人的に久保はサンガ時代からのファンなので頑張って欲しいとは思うのですが…。

 

結果はドローでしたが、グループ首位は変わらず。残り2戦相手が厳しいですが、良い結果を出してロシアW杯の出場権を確保して欲しいものです。